プロダクトデザイン演習5 家具

プロダクトデザイン演習5 2024.03.26
  1. Top
  2. Curriculum
  3. Lesson
  4. プロダクトデザイン演…

この科目では、プロダクトデザインが形作られるプロセスを学ぶことを目的としています。特に3年次を対象とした5〜6については、2年次までに習得した能力を活かし、製品・モビリティ、UI/UX、家具、インテリア、地域産業のコースのうち1つを選択し、企業や団体などと連携をしながらそれぞれの専門の実践的な能力を習得します。

【 実習・実作・制作 】
【口頭発表・プレゼンテーション】
過去作品
過去作品
過去作品

授業概要

ファースト・ファニチャー

この演習は山形県小国町と㈱オカムラとの地域産学連携授業です。それぞれの立場からアドバイスを頂きながら、小国町のこども達に向けた家具をデザインします。地域の特性をデザインに取り入れ、製品化可能なクオリティーの家具を設計し小国産の木材を使用してプロトタイプを制作します。最終成果物は小国町でプレゼンテーションを行い、優れたデザインが次年度のファースト・ファニチャーとして選定される予定です。

地域の特性やユーザーに向けた家具デザインができる

  1. 地域の特性を踏まえUXデザインの視点からコンセプトを構築できる。
  2. スケッチ、設計、モックアップ、3Dモデリングなどのスキルを駆使して第三者 にデザインを魅力的に伝えることができる。
  3. 地域の材料を使い生産性を踏まえた家具を設計・制作することができる。

授業スケジュール

<1〜3週目>地域リサーチ、ユーザー調査、コンセプト立案
<4〜7週目>デザイン・CAD設計・モックアップ・3D検証
<8〜12週目>小国の木材を使った1/1プロトタイプ制作
<13〜15週目>カタログ作成・プレゼンテーション

授業形態

<進め方>【 実習・実作・制作 】
<手法>【口頭発表・プレゼンテーション】、【ディスカッション】、【制作・創作】
<取り上げる内容>【課題・問題の解決を目指す提案】

担当教員

藤田 寿人

2023年度産学連携企業

株式会社オカムラ・小国町

選択学生のその後の進路のイメージ

インハウスデザイナー

  • オカムラ、市場、冨士ファニチャ、河淳などの製品系プロダクトデザイナー
  • 博展、オカムラ(SD)、スペース、エトワールなどの空間系デザイナー

製造、企画営業職

  • 東京インテリア、カンディハウス、相合家具、などの企画営業職
  • 天童木工、朝日相扶、Gecko、などの製造設計職
テキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーです
テキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーです
テキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーです
テキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーです
テキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーです
テキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーです