プロダクトデザイン演習5 UIUX

プロダクトデザイン演習5 2024.03.26
  1. Top
  2. Curriculum
  3. Lesson
  4. プロダクトデザイン演…

この科目では、プロダクトデザインが形作られるプロセスを学ぶことを目的としています。特に3年次を対象とした5~6については、2年次までに習得した能力を活かし、製品・モビリティ、UI/UX、家具、インテリア、地域産業のコースのうち1つを選択し、企業や団体などと連携をしながらそれぞれの専門の実践的な能力を習得します。

【 実習・実作・制作 】
【口頭発表・プレゼンテーション】
過去作品
過去作品
過去作品

授業概要

e-Motional Sound

音は私たちの感情に直接訴えかけてくるだけでなく、周囲の環境や方向など様々な情報を与えてくれます。その効果や演出を擬似的に用いて、操作のインタラクションを得たり、ゲームなどの体験を充実させることができます。この音に着目して、体験価値(UX)と操作方法(UI)を考え、既存のサービスなどをより充実させるにはどうしたら良いかを考えます。

科目の目的

UXに相応しいデザインを提案できる

User/Customerがどのような満足度を得られるのかなどのUserExperience(UX)を探求し、Person設定、CustomerJourneyMapの作成方法を習得し活用する。

製品と人を橋渡しするためのInterfaceについて、Adobe XDなどを用いてPrototypeを作成でき、評価を繰返しながらデザイン提案をできるようにする。

授業スケジュール

<1〜3週目>調査:サーベイとユーザーリサーチ
<4〜6週目>コンセプトメイク:ペルソナ設定、カスタマージャーニーマップ作成
<7〜9週目>デザイン案の検討:イメージマップ、スケッチ、ラピッドプロトタイプ
<10〜12週目>デザイン案の作成:Adobe XDなどを使用してプロトタイピング
<13〜15週目>ユーザーのUXを疑似体験できるようなストーリーを作る

授業形態

<進め方>【 実習・実作・制作 】
<手法>【口頭発表・プレゼンテーション】、【ディスカッション】、【制作・創作】
<取り上げる内容>【課題・問題の解決を目指す提案】

※【ディスカッション】は、WEB会議システムとビジネスチャットツールなどを主に用います。

担当教員

酒井 聡

2023年度産学連携企業

東北パイオニア株式会社

選択学生のその後の進路のイメージ

インハウスデザイナー

  • 東海理化やアルプスアルパインなどのサプライヤーや日産自動車、三菱自動車工業などの自動車関連企業のUI/UXデザイナー
  • リコー、キヤノンなどの製品系企業のUI/UXデザイナー など

中小規模のデザイン事務所

  • グッドパッチなどのWEB・アプリ開発デザイナー
テキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーです
テキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーです
テキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーです
テキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーです
テキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーです
テキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーです