プロダクトデザイン演習1・2 ユニバーサルデザイン

プロダクトデザイン演習1 プロダクトデザイン演習2 2024.03.26
  1. Top
  2. Curriculum
  3. Lesson
  4. プロダクトデザイン演…

この科目では、プロダクトデザインが形作られるプロセスを学ぶことを目的としています。特に2年次前期を対象とした1〜2については、デザインをするための基礎的な能力の習得します。製品、家具、インテリア、ユニバーサルのコースから2つの専門領域を選択し、それぞれのデザインプロセスの基礎を学びます。

【制作】
【発表】
過去作品
過去作品
過去作品

授業概要

親指が不自由なユーザを想定したドライバーグリップ

身近な工具であるドライバーを取り上げ、親指が不自由なユーザを想定してそのグリップ形状を検討することにより、身体特性による特徴的な動作から導かれるデザインの原形を探ります。その過程では、「体験」「観察」を通した「気づき」をもとに形の意味を問い続け、試用評価を繰り返すことでデザイン提案の完成度を高めます。

科目の目的

UD視点に立ってデザインの原形を提示できる

  1.  他者の視点に立つ想像力と体験、観察を通して課題を発見できる
  2. 試作と評価を繰り返しながら課題を解決するための形を導くことができる
  3. 演習を通して習得したデザインプロセスを言語化、可視化し、第三者にわかりやすく説明できる

授業スケジュール

<1週目>身体・感覚不自由体験動作の分解から課題を発見する
<2〜3週目>ダーティ&ラピッドプロトタイピングアイデア展開、スタイロフォームによる試作制作、評価ポイントの検討
<4〜5週目>ケミカルウッドによる最終モデルの制作、塗装、撮影
<6〜7週目>最終モデルの試用評価会・RhinocerosによるCAD表現
<8週目>合同発表会。ポートフォリオのまとめと提出最終モデルの提出

授業形態

<進め方>【制作】
<手法>【発表】【グループワーク】【制作】
<取り上げる内容>【課題を解決する提案を行う】

担当教員

柚木 泰彦

選択学生のその後の進路のイメージ

ユニバーサルデザインは各専門(製品|UIUX|家具|インテリア|地域産業)を横断する基盤領域のため、インハウスデザイナーから総合職まで進路は多岐にわたる。

テキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーです
テキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーです
テキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーです
テキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーです
テキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーです
テキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーですテキストはダミーです